japan tourism

パスポート申請「新規と更新のちがい」

Aloha🌴

長らく海外旅行に行けなくなってパスポートの有効期限が過ぎてしまっている方も多いかと思います。

以前に作ったものは10年前になるので申請方法も忘れていたり今年から変更になったこともあります。

まず申請に必要な書類はこちら。

①一般旅券発給申請書(10年用)※5年用もあります

②戸籍謄本(全部事項証明書)または戸籍抄本(個人事項証明書)

 同一戸籍内にある2人以上の方が同時に申請する場合は、戸籍謄本1通で共用することができます。

③写真(半年以内に撮影されたもの)

 カラーでも白黒でもOK(ただし背景がグラデーションのものは不可)

 カラーコンタクトレンズはやめておいたほうがいいようです。

 髪が目にかかっていないこと。

 歯が見えていないこと。

 ※その他にも不適切な写真例がありますので申請する場合はよく確認してください。

④本人確認の書類 有効な原本(コピーは不可)

 1点でよいもの:運転免許証や個人番号カード(※紙の通知カードは不可)など

 2点必要なもの:アとイの中から各1点、またはアから2点必要(イの中から2点は不可)

  (ア)保険証、公的年金手帳・証書、後期高齢者医療被保険者証、介護保険被保険者証、印鑑証明書と実印のセット

  (イ)失効旅券(失効後半年を過ぎたもの)、学生証(写真付き)、会社の身分証明書・社員証(写真付き)、障がい者手帳、公の機関が発行した資格証明書(写真付き)

⑤前回取得した旅券

 更新の場合はこれがないと申請できません。

 ※有効旅券の残存期間は切り捨てになり、新旅券に繰り越すことはできません。

 過去に旅券を取得した方は、失効していてもその旅券をお持ちください。

また大きな変更点として

2022年4月1日以降、18歳以上の方が成人となるため、10年用旅券を申請できるようになりました。

※これまでは20歳以上の方しか10年用旅券を申請できませんでした。

申請は代理提出できますが、パスポートの受け取りは本人が行かなくてはいけません。

新規と更新のちがいについてですが

【新規】戸籍謄本または抄本が必要。

【更新】戸籍謄本または抄本が不要。

私の自治体では戸籍謄本の費用は450円でした。

どこも同じなのかな?

私の自治体とパスポートセンターは近くなので交通費は同じですが別だと交通費も余分にかかってしまいますよね。

ちなみにパスポートの申請にかかる費用は16,000円です。

外務省の公式サイトでは申請書がダウンロードできるのでパスポートセンターが遠方の方はこちらを利用すると便利です。

外務省パスポート申請書ダウンロード

申請書をダウンロードできるだけで申請と受け取りは直接パスポートセンターに行く必要があります。

※電子申請はできません

いかがだったでしょうか?

次の海外旅行のお役に立てればうれしいです。

Mahalo🌴

<前回の記事>

にほんブログ村

ブログランキングに参加中です。

ポチっとしていただけるとうれしいです💗
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

 

フォローもお待ちしております😍

↓↓↓↓↓↓

Hawamii - にほんブログ村

スポンサーリンク

-japan, tourism
-