honolulu news

ハワイアン航空「乱気流で乗客36名が負傷」

Aloha🌴

アメリカ本土からハワイに向かっていたハワイアン航空が乱気流に巻き込まれけが人が出たようです。

ホノルルに到着する30分前に起こった出来事にようです。

詳しくは下記をご覧くださいませ。

Yahoo!ニュースによりますと

「18日(現地時間)、ハワイ・ホノルル行きのハワイアン航空(HA35)旅客機が着陸を約30分後に控えて1万メートル上空で激しい乱気流に巻き込まれて機体が激しく揺れ、これによって少なくとも乗客36人がけがをした。

AP通信とハワイニュースナウによると、負傷者のうち11人は重傷だ。負傷者名簿には14カ月の赤ちゃんも含まれている。乱気流で乗客が席から飛び出し、数人の乗客は天井に頭をぶつけたと現地メディアは伝えた。

インスタグラムなど各種SNSには旅客機の天井のプラスチックパネルの一部が取れたり壊れたりして小さな穴が空いた写真が出回っている。

該当の航空機は米国アリゾナ州フェニックスで乗客278人と乗員10人を乗せて離陸した。

乱気流を通過した後の同日午前10時50分ごろ、目的地のホノルルに着陸した。空港着陸直後、事前に待機していた救急隊員が負傷者を病院に移送した。

現地気象庁関係者は「航空機が暴風雨の中を通過してきたようだ」とし「これが激しい乱気流を発生させる場合がある」と話した。

ある乗客は現地メディアに対して、一緒に搭乗した母親がちょうど席に戻ってきて、安全ベルトを締めない状態で乱気流に遭遇し、母親が座席の間をはねて天井にぶつかったと当時の状況を伝えた。」

またこちらにもニュースが出ていました。

日刊ローカルニュースによりますと

「アリゾナ州フェニックスからホノルルへ向かっていたハワイアン航空35便で18日(日)、乱気流によって36名が負傷する事故が発生した。

当局によると、乗客278人、乗員10人が搭乗していたハワイアン航空35便が、ホノルル到着約30分前に乱気流に遭遇。11名の重症者を含む36名が負傷し、ホノルル到着後に20名の負傷者が近隣の医療機関などに緊急搬送されたとしている。

ハワイアン航空の取締役副社長兼最高執行責任者のジョン・スヌーク氏は乱気流に遭遇した際の状況などについて「時々、今回のような乱気流が何の前触れもなく発生することがありますが、あそこまで極端な乱気流はめったにないほか、今回の事故は非常に激しい乱気流によって引き起こされました」とコメントしたほか、機内ではシートベルト着用のサインが点灯していたほか、負傷者の中には3人の客室乗務員が含まれていたとしている。

なお、FAA(連邦航空局)では、今回の事故に関しての調査を行っているとしている。」

けが人が出るほどの乱気流って怖いですね。

しかも何の前触れもなかったとなると余計に怖いです。

事前にわかっているときは機内放送で数分後に機体が揺れますとアナウンスしてくれたりしますもんね。

けがをした人が無事に快方に向かうことをお祈りしています。

Mahalo🌴

<前回の記事>

にほんブログ村

ブログランキングに参加中です。

ポチっとしていただけるとうれしいです💗
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

 

フォローもお待ちしております😍

↓↓↓↓↓↓

Hawamii - にほんブログ村

-honolulu, news
-,