covid-19 news

ハワイ生活「重くのしかかるパラダイス・タックスとは」

Aloha🌴

「パラダイス・タックス」はじめて聞いたこの言葉。

Yahoo!ニュースで気になったのでシェアします。

「美しい自然に囲まれ、年間を通して過ごしやすい気候のハワイ。一度訪れると、この地に魅了され「いつかこんな場所で暮らしたい」と思う方も少なくないはずだ。しかし現地での暮らしは優雅なものとは限らない。それは「パラダイス・タックス」なるものがあるからだ。

■住民に重くのしかかる「パラダイス・タックス」

パラダイス・タックス、直訳すると「楽園税」。しかしハワイ州政府がそんな税を定めているわけではなく、このような税金は存在しない。

ご存知の通り、ハワイは太平洋のほぼ真ん中に位置する島々からなる州だ。アメリカ本土までは、一番近いカリフォルニア州でも4000km以上離れている。そして、ハワイでの生活に必要となる食料品、生活用品、家電などのほとんどが、アメリカ本土から送られてくる。そのため、すべてのものに輸送費が加算され、あらゆるものの値段がアメリカ本土より高くなるのだ。

実際、ミズーリ経済研究情報センター(MERIC)が全米各州の生活費を指数としてまとめた「生活費インデックス」によると、2022年第1四半期の数値でハワイ州は全米で最も生活費が高い州となっている。全米平均を100とした場合、ハワイのスコアは192.7。つまり、ハワイでの生活には全米平均の2倍近くのコストがかかることになる。

多くの人が憧れるハワイで暮らすためには、それだけの経済的負担を負わなければならない。現地の人々は、そんな生活費の高さを“架空の税”に例え、「ハワイにはパラダイス・タックスがあるからね」と嘆くのだ。

しかし、実際のパラダイス・タックスこそないが、ハワイの州税は全米の中で高いことで知られている。アメリカで暮らす人々は、所得に対して、国税にあたる「連邦税」と、自分が暮らしている州ごとで課せられる「州税」の2つの納税義務がある。州税は州ごとに税率がまったく異なり、2021年のデータで州税が最も高いのはカリフォルニア州で13.3%(所得が100万ドル以上の場合の最高税率)。そしてそれに次ぐのが、ハワイ州の11%だ(同条件)。

一方、ワシントン州、テキサス州、フロリダ州など、一切所得税を課さない州は7つある。それらを考えれば、ハワイの税金もアメリカの中で高い部類に入ることがわかるだろう。

■住居費は全米平均の3倍以上

ハワイの高い生活費のなかで突出しているのが住居費だ。先述の「生活費インデックス」の内訳をみると、ハワイの住居費のスコアは、全米平均100に対して320.7。家賃が高いことで知られるニューヨークのスコアは237.6だから、それよりもさらに高く、全米平均の3倍以上になる。

これはコロナ禍におけるハワイの不動産取引価格を見ても明らかだ。パンデミック初期には、多くの地域と同様にハワイの不動産マーケットも大きな影響を受けて、取引件数が減少した。

一戸建て中間価格は1.3億円
しかし、新型コロナの感染が広がるアメリカ本土からハワイへ移住する人が増えたことや、住宅ローンの金利が史上最低まで低下したことが追い風となり、すぐにハワイの不動産需要が急伸。供給不足と重なってハワイの不動産価格はどんどん上昇し、2021年8月のホノルルの一戸建て中間価格は前年同月比25.1%増の105万ドルと、初めて100万ドル(約1億3000万円)を突破した。2022年7月の最新データでも、中間価格は110万ドルと高額の状態が続いている。

当然、ハワイの住民のほとんどは、このような高額の家を購入できない。一戸建てをあきらめたとしても、日本のマンションのような集合住宅にあたるコンドミニアムでも、中間価格は50万ドル(約6600万円)と安くはない。

ハワイ州政府は、購入対象者に所得制限を設けて市場価格より安く購入できる「アフォーダブル・ハウジング」を提供するなど対策を行っている。しかし、世界中の富裕層がハワイの不動産を買い続ける限り、それによって不動産価格が上昇していく傾向は止まりそうにない。

■追い打ちをかける記録的なインフレ

ハワイの生活費の高さに追い打ちをかけているのが、アメリカのインフレだ。米労働省が発表した消費者物価指数(CPI)は、6月が前年同月から9.1%も上昇、7月は8.5%となった。実に40年半ぶりの高水準だ。日本でも物価上昇が続いているが、日本の消費者物価指数は6月が2.4%だから、アメリカのインフレ率は日本よりずっと高いとわかる。

2021年1月から2022年6月までの全米平均の物価上昇率は13.3%。平均的な家庭では、1カ月の負担が718ドル(約9万5000円)も増えているという。

このような高いインフレを受けて、ハワイ州政府は5月、州の最低賃金を引上げる法案を可決。現在の10ドル10セントから、2022年10月には12ドルに引き上げ、その後も隔年で段階的に引上げ、2028年には18ドルとする。

この最低賃金で比較すると、最も高い州はニューヨーク州の15ドル(ニューヨークシティなど一部地域)、カリフォルニア州の15ドル(従業員が26名以上の企業)。現状ハワイ州は上位10位にも入っておらず、生活費の高さと給料水準が見合っていない。パラダイスと呼ばれるこの島で暮らしていくためには、大きな負担を負わなければならないといえる。

ハワイ州の2021年の人口は145万人。前年から0.7%の減少となった。アメリカ本土からハワイに移住した人もいるが、逆にハワイから本土に移った人も多いものとみられる。賃金の引上げや税負担の軽減など、州政府によるバックアップがなければ、ますますハワイは住みづらい場所になっていくことも考えられる。」

「パラダイス・タックス」という言葉の意味を深く知ることができるニュースでした。

Mahalo🌴

<前回の記事>

にほんブログ村

ブログランキングに参加中です。

ポチっとしていただけるとうれしいです💗
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

 

フォローもお待ちしております😍

↓↓↓↓↓↓

Hawamii - にほんブログ村

スポンサーリンク

-covid-19, news
-