gourmet japan

飲食店でのチップの額の州別ランキング

Aloha🌴

今日の夜、外に出たら涼しい風が吹いていてもう秋に近づいてるのかな

なんて思っていましたがまだ8月なんですよね。

油断していたら暑さに負けそう。

さてさて。

飲食店でのチップ額が州ごとでランキングが発表されました。

詳しくは下記をご覧くださいませ。

ソフトウェア・プロバイダーであるToast Inc.の2022年第2四半期レストラン・トレンドレポートによると、食費の上昇、インフレ、労働力の制約にもかかわらず、レストランでは、顧客がより多くのチップを支払っていることがわかりました。

Q2 Restaurant Trends Reportによると、チップは昨年と比較して10%近く増加しているとのことです。平均的なチップの額は大きくは変わりませんでしたが、州によっては他の州よりも気前よくチップを渡すところもあるようです。

インフレを考慮しても、消費者は概してチップをよく払い、クイックサービス・レストランでは平均16.9%、フルサービス・レストランでは19.6%のチップを支払っています。しかし、デリバリーやテイクアウトを利用する人は、チップをあまり払わず、平均14.5%だったことがわかりました。

TheToastのプラットフォームで、クレジットカードまたはデジタル決済で注文時にチップを入れたレストランのデータによると、チップを最も多く渡す州と最も少なく渡す州のトップ10は以下の通りです。

<チップの多い州トップ10>

#1位 インディアナ州 平均チップ率21%

#2位 ウェストバージニア州 20.8%

#3位 オハイオ州 20.7%

#4位 デラウェア州 20.7%

#5位 ケンタッキー州: 20.7%

#6位 ワイオミング州 20.5%

#7位 ニューハンプシャー州 20.4%

#8位 ウィスコンシン州 20.3%。

#9位 サウスカロライナ州 20.3%。

#10位 ペンシルバニア州 20.2%。

<チップを払う人が少ない州トップ10>

#1位 カリフォルニア州 17.5%

#2位 ワシントン州 18.3%

#3位 フロリダ州 18.5%

#4位 ニューヨーク 18.5%

#5位 ハワイ州 18.8%

#6位 テキサス州 18.8%

#7位 ネバダ州 18.8%

#8位 ルイジアナ州 18.9%

#9位 ニュージャージー州 18.9%

#10位 アーカンソー州 18.9%

トーストのプラットフォームは、2022年6月30日現在、米国で約68,000店舗を展開しています。

日本人はチップに馴染みがないので戸惑ってしまいますが

アメリカでは感謝の気持ちを伝える大切なことなので

しっかり勉強してハワイ旅行に行くのがいいですね。

Mahalo🌴

<前回の記事>

にほんブログ村

ブログランキングに参加中です。

ポチっとしていただけるとうれしいです💗
↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 旅行ブログ ハワイ旅行へ
にほんブログ村

 

フォローもお待ちしております😍

↓↓↓↓↓↓

Hawamii - にほんブログ村

スポンサーリンク

-gourmet, japan
-